7 書籍・論文・講義等

3/4ページ

東京都消費生活相談アドバイザー会議で講義を担当

平成26年6月25日と27日に,東京都消費生活相談アドバイザー会議で講義をしました。 私は,今年度から,東京都の消費生活相談アドバイザーに就任したので,上記の講義を担当することになりました。対象者(受講者)は,日々,一般消費者の方のご相談を聞いて交渉等に当たっている消費生活相談員の方々ですので,できるだけ実践的な内容にしようと思い,講義に臨みました。 講義の内容は,                 […]

現代消費者法No23 「MRI事件からみる監督機関の役割の違いと問題点」を執筆

民事法研究会から出版されている,現代消費者法のNo23「論説解説」のコーナーに,「MRI事件からみる監督機関の役割の違いと問題点」と題して,7頁ほどの原稿を執筆した。 この原稿は,MRI事件を通して,金融商品取引の監督機関である,米国SECと,我が国の証券取引等監視委員会(SESC)との権限の比較と問題点について論じたものである。                                   […]

ブラッシュアップセミナー「詐欺的投資取引被害事案の取り組みと実践」(平成26年3月28日)

平成25年度の年度末は,3月24日に業務妨害対策委員会の研修で講師を担当し,同じ週の3月28日に,全国先物取引被害研究会のブラッシュアップセミナーで講師を担当しました。 このブラッシュアップセミナーの講義は,投資被害に関する専門的な知識を有する弁護士約200人の前で,2時間も話をしなければならず,正直非常にプレッシャーでした。 講義では,私がこれまでに扱った具体的事例を踏まえながら,できる限り実践 […]

振り込め詐欺救済法ガイドブック(口座凍結の手続と実践)執筆

振り込め詐欺救済法ガイドブック〜口座凍結の手続と実践〜という本を共同執筆し,民事法研究会から出版されました。 振り込め詐欺救済法とは,「犯罪利用預金口座等に係る資金による被害回復分配金の支払等に関する法律」の通称で,いわゆる振り込め詐欺やその他口座を利用した犯罪行為について,その迅速な口座凍結を促し,当該口座に残存する預金を被害者に分配することを可能にした法律です。平成20年6月施行されたが,この […]

二弁フロンティア原稿執筆 (弁護士会将棋会)

二弁のフロンティアという会報で,以下のような文章を書きました。 果たして読んでくれる人がいるのかと思ったのですが、既に何人かの方からお問い合わせの連絡を受けました。弁護士会の将棋会の雰囲気が分かればいいなと思いますので,駄文ですが,こちらでもアップします。   二弁趣味の会〜 「弁護士会将棋会」 「将棋」というと,皆さんはどのような印象を持たれるでしょうか。 これまでは,おそらく「地味」 […]

消費生活相談員向け講義(金融商品トラブル)

先週の11月16日に,岩手県盛岡市の県民生活センターで,消費生活相談員約30名向けに講義をした。 題目は「金融商品トラブル」ということで私の得意分野でもあったし,お世話になっている方にお願いされたので二つ返事で受けたのだが,蓋を開けてみると,13時~17時までの4時間も話さなければならず,準備がそれなりに大変だった。 今まで4時間も講義をしたことはなく,時間が持つだろうかと心配になり,自己紹介など […]

二弁フロンティア 原稿執筆 (業務妨害対策)

二弁フロンティアという会報に,業務妨害対策に役立つ防犯グッズの紹介~弁護士業務妨害対策委員会の活動報告~と題する文章を書きました。 内容は,私が副委員長を務める弁護士業務妨害対策委員会の活動報告と,その一環としての妨害対策グッズの紹介記事です。 インタビューをした,防犯グッズ専門店(http://protectarms.jp/)の吉野さんという方がとても面白い方で,その方に引きずられて,私の原案は […]

投資信託・投資法人法制の見直しに関する意見書

標題の「投資信託・投資法人の見直しに関する意見書」が,日弁連から平成24年6月15日付けで公表され,本日,金融庁に執行された。 http://www.nichibenren.or.jp/activity/document/opinion/year/2012/120615.html この意見書は,日弁連消費者委員会の金融サービス部会で作成したもので,私もその起案メンバーの一人として関与させて頂いた。 […]

サクラサイト (悪質出会い系サイト) に関する講義

もう大分前のことになるが,3月28日に,第一東京弁護士会(一弁)の弁護士,特に消費者問題対策委員会の委員及び消費者相談担当者向けに,約2時間ほど,「悪質な出会い系サイト(メール交換サイト)に関する被害と対応について」と題して,講義をした。 一弁の消費者問題対策委員会委員長である野田幸裕先生に依頼されて引き受けたものであるが,終わったら,なんだか「非常によかった」などと,やたらと褒めて頂いた。事案の […]

先物取引被害救済の手引〔10訂版〕

日本弁護士連合会消費者問題対策委員会の編集で,先物取引被害救済の手引〔10訂版〕が民事法研究会から発刊された。 この本は,日弁連の消費者委員会の金融サービス部会のメンバーで執筆しているものであり(平成23年度から上記部会のメンバーになった),名だたるメンバーが執筆者に並んでいる。内容も,判例解説や資料等,盛り沢山であり,訴訟等でそのまま使用できるようなものとなっている。 私は,判例解説の一部を協力 […]

1 3 4