6 業務ーその他

2/3ページ

オフィス移転のお知らせ【7月10日より! 同じビルの6階 → 5階】

平成29年7月10日より,GM2ビルの6階にあったオフィスを5階に移転しました。同じビルですので,もし,間違えて6階に行かれたとしても1階降りて頂ければ大丈夫です。所在地は勿論,電話番号やFAX番号等も全てそのままですので,あまりご注意頂くことはないかと思いますが,よろしくお願い致します。 今後は,これまで以上に,事務所一丸となって,業務に取り組んでいきたいと思います。 なお,内部的に引越ししただ […]

年末年始のお休みのお知らせ(12月30日〜1月4日まで)

今年も差し迫って参りました。 当事務所の年末年始の就業は,年末は12月28日まで,年始は1月5日からとなりっております。(http://nishiginzalaw.com/news.html)。が,何故か私は,今日(29日)も普通に働いております。 この間,緊急のご用件がおありになる場合は,メールにてご連絡頂ければと思います(ホームページのプロフィールにメールフォームがあります。)。 皆様には,本 […]

文京区弁護士の会 ホームページ開設

「文京区弁護士の会」のホームページを開設しました。 「文京区弁護士の会」は,文京区在住の方,主にご高齢の方や障害をお持ちの方,そのご家族や関連施設の担当者の方のお困りごとの相談に応じるため,平成22年2月に結成された団体で,主として文京区に在住・在勤の弁護士で構成されています。私は文京区在勤ではありませんので,必然的に在住ということになります(笑)。 ご高齢の方の御相談といっても様々なものがありま […]

東京都消費生活総合センター 消費生活相談アドバイザー 留任ほか(今年度以降の新たな役職)

一昨年から就任している,東京都消費生活総合センターのアドバイザーに今年度も留任することになりました。 そのほか今年度から,新たに,東京地方裁判所の個人再生委員,東京家庭裁判所の後見人・後見監督人候補者となり,さらに第二東京弁護士会の高齢者・障がい者総合支援センター運営委員会の委員や,江戸川区消費者センターのアドバイザーなど,いくつかの肩書き(役職)が加わることになりました。 これを受けて,私のプロ […]

第2回 津谷裕貴・消費者法学術実践賞 授賞式

本日(3月22日),第2回の津谷裕貴・消費者法学術実践賞に選考委員・裏方として出席しました。 http://www.minjiho.com/html/page40.html 津谷裕貴・消費者法学術実践賞(津谷賞)は,平成22年11月4日に亡くなられた故津谷裕貴弁護士の功績に因んで制定された賞です。 津谷先生は,先物取引被害全国研究会の元代表であり,同種被害を取り扱う全国の弁護士から慕われ,尊敬され […]

先物取引被害研究45号に事務局長就任の挨拶を寄稿

先物取引被害全国研究会で発行している「被害研究」という冊子の45号(http://www.futures-zenkoku.com/books/)に,事務局長就任の挨拶を寄稿しました。 この研究会は,大会も74回を数え,毎回200名以上の専門的知識と,被害救済の情熱を有する弁護士が参加する団体です。 事務局長という役職は非常に重責ですが,初心を忘れず,日々できることを見付けて頑張っていきたいと思いま […]

東京都消費生活総合センター 消費生活相談アドバイザー 留任

昨年就任した東京都消費生活総合センターの,「消費生活相談アドバイザー」に今年も就任(留任)し,本日,第一回目の会議がありました。 消費生活相談アドバイザーは,消費生活センターの相談員の方々に、法的な観点からのアドバイスをするという役割です。昨年1年務めたのですが,相談員の方々が困っているという案件の相談ですので,非常に専門的で難解な事案が多かったです。 引き続き委嘱して頂いた訳ですから,今年も相談 […]

東京都消費生活総合センター 消費生活相談アドバイザー 就任

今年度から、第二東京弁護士会の推薦で、東京都の消費生活総合センターの消費生活相談アドバイザーに就任することになりました。 消費生活センターの相談員の方々に、法的な観点からのアドバイスをするという役割です。 昨今の消費者被害は、複雑・多様な投資取引(金融商品)による被害の増加や、犯罪ツールの増加や被害の悪質化など、相談の内容がますます複雑・深刻化してきており、対応する消費生活相談員の方々には、従来以 […]

医療事故センターニュース 判決速報に掲載されました

私が担当したさいたま地判平成25年12月26日について,概要を解説した原稿が,医療事故センターが発行する「センターニュース」の平成26年3月1日号に掲載されました。 以下がその原稿の概要です(長いので若干短くしています。)。   糖尿病に罹患している患者が低血糖症で入院することになった際の,定期的な血糖値測定及びインスリン投与を怠った過失があるなどとして,主治医及び病院の責任を認めた事例 […]