明けましておめでとうございます

新年明けましておめでとうございます。

今年は事務所の公式スタートを9日からにしたので,ゆっくりとした仕事の始動ができています。今年の抱負は,やるべき事をコツコツと,1つ1つの仕事を実直に,こなしていくということにしたいと思います。

昨年も例年以上に,忙しく,充実した毎日を過ごすことができました。新たに東京地裁の個人再生委員の業務を行うことになった他,高齢者委員会の副委員長にも就任し,成年後見人等の業務に関わることも増えました。今年も新しいことを何か1つでも身につけていきたいと思います。取り急ぎは,ジャパンライフが破綻した件が動き出すことになりそうですので,スタートからエンジン全開でいきたいと思います。

その他の大きなトピックとしては,仕事ではありませんが(笑),6月に弁護士会将棋会として,羽生善治永世七冠(現在)を迎えたイベントをやることもできました。年末には,佐藤九段・森内九段の紫綬褒章記念式典の案内が届くということがあり,素晴らしい年越しを迎えることができました。こちらの将棋の方も頑張ります。

本年もどうぞよろしくお願い致します。

 

年末年始のお休みのお知らせ(12月29日〜1月8日まで)

注目

ずっと,ブログの更新をサボっていましたが,元気に業務も将棋もしておりました。
便りのないのがよい便りともいいますので,今後も適度に,便りがない(ある)程度に,ブログも続けていきたいと思います。
さて,当事務所の年末年始の就業は,公式には,年末は12月28日まで,年始は1月9日からとなっております。お休みの関係で,今年は例年よりも長い休みとなっております。
が,例年どおり私は,29日も成年後見の業務などで働く予定となっており,年始もおそらくたまった書面等を作成する業務を始めると思います。
この間,緊急のご用件がおありになる場合は,メールにてご連絡頂ければと思います(ホームページのプロフィールにメールフォームがあります。)。
皆様には,本年も大変お世話になりました。
来年も,1件1件を真面目に実直に取り組んでいくことは変わりませんが,業務に対して「楽しく」当たっていくことができたらいいと思っております。
どうぞ宜しくお願い致します。

夏期休業の予定

私(島幸明)の今年の夏期休業は,8月14日〜16日の予定です。
もっとも,事務所自体は業務を行っておりますので,この期間中に緊急の要件がおありになる場合は,事務所にご連絡下さい。

よろしくお願い致します。

オフィス移転のお知らせ【7月10日より! 同じビルの6階 → 5階】

平成29年7月10日より,GM2ビルの6階にあったオフィスを5階に移転しました。同じビルですので,もし,間違えて6階に行かれたとしても1階降りて頂ければ大丈夫です。所在地は勿論,電話番号やFAX番号等も全てそのままですので,あまりご注意頂くことはないかと思いますが,よろしくお願い致します。

今後は,これまで以上に,事務所一丸となって,業務に取り組んでいきたいと思います。

なお,内部的に引越ししただけなのですが,古い書籍や書類など,無駄なものが沢山あったのに気づき,一気に捨てたり,保管場所に移動したりすることができました。デスク周りも大分新しくなりましたので,これからは断捨離を意識し,記録や書類をできるだけ増やさないようにしたいと思います。

 

明けましておめでとうございます

2017年がスタートしました。

昨年(2016年)も,多くの皆様に大変お世話になりました。

昨年は,日常業務のほか,ご縁があり遺言や相続・成年後見等の特にご高齢の方々に関わる事件や手続の御依頼を多く担当しました。また,従来から多く扱っている消費者問題や,投資被害に関わる講演のほか,臨床心理士・行政書士である佐藤先生と一緒に「モラハラ離婚」に関するセミナーを担当するなど,新しい試みをすることもできました。

また,年末には,高齢者の方から,金銭だけでなく唯一の居所である自宅まで詐取しようとする,本当に酷い事件を担当することになりました。このような事案を目にすると,やはり,1人1人の権利擁護という弁護士としての存在意義を強く感じます。今年も,初心を忘れることなく,頑張っていきたいと思います。

なお,プライベートの近況としては対したものはないのですが,敢えていえば・・・昨年,Apple Watch 2(NIKE+)というものを買ってみました。私は,学生時代にバスケットボールをしていたので,NIKEというブランドにどうも弱いのです。     使ってみての感想ですが,メールやLINEの通知などは,メリット(緊急の連絡などに対してすぐに反応できる)とデメリット(休日や業務終了後でもメールが目に入ってしまう)の双方があり,下手するとデメリットの方が大きい可能性も高く,すごく便利というほどのものではありません。今のところ,1番の良いところは,飲み会などで一瞬だけ話題になる,というところでしょうか。

もう少し使ってみて,機会があればまた感想を書いてみたいと思います。

それでは,本年もどうぞよろしくお願い致します。

第2回 津谷裕貴・消費者法学術実践賞 授賞式

本日(3月22日),第2回の津谷裕貴・消費者法学術実践賞に選考委員・裏方として出席しました。

http://www.minjiho.com/html/page40.html

津谷裕貴・消費者法学術実践賞(津谷賞)は,平成22年11月4日に亡くなられた故津谷裕貴弁護士の功績に因んで制定された賞です。

津谷先生は,先物取引被害全国研究会の元代表であり,同種被害を取り扱う全国の弁護士から慕われ,尊敬されている弁護士でした。

同賞の運営規程には,「津谷裕貴弁護士の生前における消費者被害の根絶と消費者問題の解決並びに消費者法にかかる学問上の功績を後世に遺し,故人の遺志を尊重・承継するために,消費者法の発展及び消費者被害の根絶,消費者問題の解決に寄与した者を顕彰する」とされており,2年に1回の割合で受賞者が決まることになっています。私は,先物研の事務局長であることから選考委員の末席に並ばせて頂いており,何度かの打ち合わせを経て,本日は事務方として出席したものです。

今回は,その津谷賞の第2回目でしたが,学術賞を角田美穂子一橋大学教授,実践賞を一般社団法人消費者法ニュース発行会議が受賞しました。私はステージ裏で動いており,報告の詳細を聴講することができませんでしたが,授賞式・懇親会には,津谷先生のご遺族も出席されており,ご挨拶もさせて頂くことができました。

津谷先生のご遺志を継いでいかねばならないのは,我々,「比較的」若い弁護士であると思います。気持ちも新たに,また明日から一つ一つの事件に当たっていきたいと思います。

平成28年2月26日(金) 投資・金融商品被害110番(無料電話相談)実施

私が事務局長を務める先物取引被害全国研究会では、毎年、金融商品に関する110番を実施しています。

近時の委託者保護強化を1つの柱とする各種法改正により、国内外の商品先物・FX等に関する被害相談は減少したとされていますが、未公開株・社債等の悪質な金融商品に関するトラブルは後を絶ちません。また、不動産投資をめぐるトラブルや、仕組み債等の複雑な金融商品を対象とした被害相談も、関連機関相談窓口へ多数寄せられています。

今回の110番は,全国一斉に行われるものですが,東京においては東京投資被害弁護士研究会が、金融商品トラブルに関する調査及び被害回復のための無料電話相談を実施し、これらの問題に詳しい弁護士が、対処の方法について適切なアドバイスを行います。お困りの方はぜひご利用ください。

日時:2016年2月26日(金) 午前10時~午後4時

電話番号:03-3597-8301

*当日のみの電話番号となります

相談対象:国内外の先物取引・オプション・FX・貴金属スポット取引(ロコロンドン・CFD)・未公開株・投資事業組合・匿名組合・ファンド・社債・仕組債・現物まがい商法・医療機関債等,金融商品(投資)被害全般

相 談 料:無料(※面接相談以降は有料)

主催:東京投資被害弁護士研究会(http://www.tokyosakimonosyokenhigai.com)

問合せ先:事務局長弁護士 上田瑞尊(Tel :03-6206-1436)                              事務担当弁護士 北後政彦(Tel :03-3346-0451)

年末年始の予定(12月30日から1月5日まで休業)

2015年〜2016年の弊事務所の年末年始の休業期間は,12月29日から1月5日までです。

が,例年どおり,私(島幸明)は明日(12月29日)は確実にお仕事をすることが決まっており,来年もひょっとすると1月5日は仕事になる可能性があります。

この間も何か仕事をしている可能性はありますが(嫌な可能性ばかりが頭に浮かんできます),事務所の電話は繋がらない可能性が高いですので,緊急のご連絡の際は,携帯電話かメールでお願い致します。

どうぞよいお年をお過ごし下さい。

先物取引被害全国研究会 事務局長就任(平成27年5月29日)

平成27年5月29日付けで,先物取引被害全国研究会(http://www.futures-zenkoku.com/contact/)の事務局長に就任しました。

代表は,東京弁護士会の平澤慎一弁護士です。

先物取引被害全国研究会は,昭和57年3月に,先物取引被害に取り組む全国の弁護士の有志で結成された,長い歴史と実績のある研究会です。毎年2回,研究会を開催しており,全国各地から,約200名の会員(弁護士等)が参加して活発な議論が展開されています。

 

執行部交代とほとんど時期を同じくして,商品先物取引における不招請勧誘が大幅に緩和されるという出来事があり,さっそく下記の声明を執行しました。

http://www.futures-zenkoku.com/ikensyo/pdf/sakimono150601.pdf

通常ですと,2年の任期があります。重責であり,十分務まるかは分かりませんが,自分のできることを1つ1つ,やっていきたいと思います。

明けましておめでとうございます

新年がスタートしました。

昨年(2014年)は、東京都の消費生活相談アドバイザーに就任したほか、弁護士会や研究会、その他公的な場において、力を入れて取り組んでいる投資被害や業務妨害対策に関する講義を担当したり、法律誌に論考を掲載してもらったりするなど、例年以上にアウトプットを意識した仕事をすることができました。投資用マンションやリース被害等に関する新しい弁護団事件もスタートし、多忙ですが充実した日々であったと思います。

趣味は相変わらず将棋ですが、こちらも、ちょっとずつ強くなっているような気がしないでもありません(笑)。

今年は、例年以上に新たなことを始めなければいけない1年であると思っています。弁護士としての初心を忘れず、1日1日を大事に過ごしていきたいと思います。

今年もどうぞ宜しくお願いします。