東京地判平成28年6月17日の判例解説が掲載されました

私が担当した,認知症高齢者が,みずほ証券の仕組み債を購入した事案について,適合性原則違反・説明義務違反が認められた東京地判平成28年6月17日が,金融商事判例No1511の「金融取引の適合性原則・説明義務を巡る判例の分析と展開」に掲載されました。

私もよく知っている,あおい事務所の津田顕一郎弁護士に詳細な解説を書いて頂きました。特に,過失による適合性原則違反,過失相殺に関する論考は非常に詳細で私自身も勉強になります。

加藤新太郎先生,奈良輝久先生が編集されていますが,他にも重要判例が多数掲載されておりますので,よろしければお手に取って頂ければと思います。

「わたしは消費者」147号及び消費者法ニュース110号 に執筆

東京都消費生活総合センターが発刊している,教員向け消費者教育情報提供誌の,「わたしは消費者」147号(平成29年3月1日号)で,「民法(一般法)と消費者契約法・特定商取引法(特別法)の関係」と題する原稿を執筆しました。

わたしは消費者」は,主に法律家ではない,都内の学校の教員(及び学生)向けの雑誌です。東京都の消費生活アドバイザーをやっている関係で,「民法と消費者特別法の関係について書いて下さい」という御
依頼がありましたので,書かせて頂きました。なるべく,図やイラストを用いて分かり易く書いたつもりです。もうしばらくしたら,WEBでも閲覧できるようになりますので,ご興味がおありになる方はご笑覧ください。

もう1つ,以前のブログ記事に書いた,CO2排出権取引について賭博行為で無効とする判決の解説(判決和解速報)を,消費者法ニュース110号に執筆しました。こちらは,通常の判決速報になります。

・・・いずれも,一般の方向けのものではありませんが,本業で,論文や原稿を御依頼されるのは非常にありがたいことですので,今後も機会があれば積極的に書いていきたいと思います。

【3月6日追記】 ネット版がアップされました。下記をご覧下さい。