国民生活2014年9月号 に原稿を執筆

国民生活Web版,2014年9月号の「特集 デリバティブ取引と消費生活相談」に執筆しました。

私の担当は「デリバティブの基礎知識」ということで,デリバティブの基本的なことを書いていますが,委員会等でご一緒させて頂いている上柳敏郎弁護士が不招請勧誘規制をめぐる最近の動きなどについて書かれています。また,同じく桜井健夫弁護士が保険について解説されています。

現在,商品先物取引の不招請勧誘規制について,諸々議論されているところですが,その基本的な問題点に関するデータも整理されています。

若干専門的な内容になりますが,同業の方や消費生活相談を担当している相談員の方など,宜しければ,読んでみて下さい。

全盲の僕が弁護士になった理由 ドラマ化決定!

今日は,以前に私が紹介した,弁護団等でご一緒している大胡田誠弁護士の

「全盲の僕が弁護士になった理由」(日経BP社)

という本がドラマ化されるという話です。

2012年5月にこの本を紹介しました。そのときの紹介文は下記のようなものでした。

「大胡田先生は,全盲という障害をお持ちですが,司法試験に合格し,弁護士として 活躍されています。大胡田先生が,国選弁護の被疑者のために土下座をしたというく だりがあり,率直に,感嘆し,かつ感動しました。初心を思い出すと共に,弁護士 としての心構えを学ぶこともできます。多くの人に読んでもらいたい本です。    http://nishiginzalaw.com/wordpress/shima/?p=111               」

なんだか,この度,出版社の日経BPさんからご連絡があり,私のコメントも本屋さんのポップの1つなどに使って頂けるかもしれないようです。

はたしてどの俳優さんが主演を務めるのか・・・。大胡田先生の優しく誠実な人柄にあった方であればいいなと楽しみにしております。