東京投資被害弁護士研究会 投資・金融商品被害110番(3月1日) 

来る2012年3月1日に、私が事務局長を務める東京投資被害弁護士研究会主催で、「投資・金融被害110番」と題して臨時無料電話相談を実施いたします。

これは、先物取引被害全国研究会(http://www.futures-zenkoku.com/110ban/)が毎年開催しているもので、東京では、毎回当研究会が主催して実施しています(http://www.tokyosakimonosyokenhigai.com/)。

近時の委託者保護強化を1つの柱とする各種法改正により、国内外の商品先物・FX等に関する被害相談は減少したとされています。確かに、我々実際の被害救済に当たる弁護士の実感としても、国内公設の商品先物取引に関する被害事案は、減っています。しかし、未だこれが根絶された訳ではなく、旧態依然とした被害事案は、今でも、存在しています。

他方で、未公開株・社債等の悪質な金融商品に関するトラブルは増加の一途であり、後を絶ちません。近時公表された統計でも、2012年の1年間の振り込め詐欺の被害総額はおよそ161億円で、1件あたりの被害額も増加していました。また、貴金属や、海外の不動産、医療機関債等に対する「投資」を謳った詐欺的商法や、通貨オプション取引等の中小企業を対象とした被害相談も、関連機関相談窓口へ多数寄せられています。 今回の110番は,全国一斉に行われるものですが,東京においては当研究会が、金融商品トラブルに関する調査及び被害回復のための無料電話相談を実施し、これらの問題に詳しい弁護士が、対処の方法について適切なアドバイスを行います。お困りの方はぜひご利用ください。

電話相談は勿論「無料」ですが、その後、引き続いて複数の弁護士が担当する面接相談を受けることもできます。

 

是非、お困りの方はご相談下さい。

日時:2013年3月1日(金) 午前10時~午後6時               電話番号:03-3591-7414 *当日のみの電話番号となります                      相談対象:国内外の先物取引・オプション・FX・貴金属スポット取引(ロコロンドン・CFD)・未公開株・ファンド・社債・仕組債・保険・現物まがい商法・医療機関債等,金融商品(投資)被害全般                       相 談 料:無料

http://www.tokyosakimonosyokenhigai.com/110banchirashi.pdf