金融商品被害110番(9月19日) 結果報告

昨日,平成24年9月19日に実施した,金融商品被害110番の結果報告です。

相談の内容としては,国内公設の商品先物取引の被害相談がなく,ご相談の対象となっている金融商品の種類が多様であるところに大きな特徴があると思います。なお,以下は速報であり,数字等については変更される可能性がありますので,その点ご容赦下さい。

<相談件数 41件>

①性別
男性 15
女性 20
(他,性別不明の相談あり)

②年代
30代  1
40代  3
50代  5
60代  8
70代 11
80代  2

③過去の先物取引の経験
有り  0
無し 14

④過去の証券取引の経験
有り  7→取引年数:最高30年
無し 10

⑤相談内容(以下のカッコ内は件数)
海外先物(1)、為替証拠金取引(1)、ファンド(4)、
未公開株(17)、仕組み債(2)、投資信託(2)、
証券会社(1)、砂金採取ビジネスへの投資(1)、
投資詐欺(2)、外貨預金(1)、不動産投資(1)、
有限責任社員(1)、
その他(9)

⑥被害金額等
100万円未満     5
100万~500万   9
500万~1000万  8
1000万以上    10
以上

東京三弁護士会 金融商品被害110番 (9月19日)

来る2012年9月19日に、東京三弁護士会主催で、「金融商品被害110番」と題して臨時無料電話相談を実施いたします。
金融商品(投資)被害への対策については、東京三弁護士会としても力を入れてきましたが、レンタル電話、バーチャルオフィス等のツールを利用した未公開株、社債等による被害は未だ減少の兆しがありません。また、医療機関債や中小企業を対象とした通貨オプション取引等、比較的新しい取引による相談も目立っております。

電話相談は勿論無料ですが、その後、引き続いて複数の弁護士が担当する面接相談を受けることもできます。
是非、お困りの方はご相談下さい。

日 時 : 平成24年9月19日(水) 午前10時~午後4時
電話番号: 03‐3504‐8691 (当日のみの電話番号となります
相談対象: 先物取引・オプション・投資商法・ 未公開株・保険・デリバティブ
相談料: 無料
主 催: 東京弁護士会・第一東京弁護士会・第二東京弁護士会
問合せ先: 第二東京弁護士会 人権課 TEL: 03-3581-2257

金融商品被害110番チラシ