マック (macbookair) と弁護士業務

今日は1日中,日弁連の会議である。

事務所の西牧弁護士に勧められてパソコンをmacbookairに替えたところ,このパソコンがとても軽くて薄いので,どこに行くにも持ち歩くようになった。そのおかげで,外出先などでこのような簡単な文章を書けるようになり,とても重宝している。

macを使うのは10年振りくらいになる。macは一太郎ファイルに対応しておらず,それが法曹関係者がmacを使わない最大の理由である。

これまでは,我々が裁判所に提出する文書や判決文は,一太郎で作成するのがスタンダードであった(もちろん,ワードで作成したからといって悪かった訳ではない。)。かくいう私もここ10年位windows  〜  一太郎を使っていた。いまでも,あの勝手にインデントがびょーんてなったり微妙にずれたりするワードと比べると,一太郎の方が使いやすいとも思っている。

が,近時では,裁判所でもワードも利用するようになっているということであり,時代は変わった。またmacは検索や起動が圧倒的に速い。これまではマックマックなど言っているのは逆にださいのではと思っていたが,macを一度使うようになると,やはり作業効率が違う。とにかくやっぱり速いのである。今は事あるごとに知人にmacを勧めている。