弁護士業務妨害対策に関する研修会

11月22日に,第二東京弁護士会で,弁護士業務妨害対策委員会が主催する研修会の講師をした。
メインは紀藤弁護士の実践編であり,私は最初に基本編ということで講義をした。他に,防犯グッズの紹介なども行われ,非常に内容の濃い研修会だったと思う。お話頂いた「護身プロバイザー」の方によれば(http://protectarms.jp/),一番効果のある護身グッズは防犯スプレーらしい。スタンガンや警棒では,本当に興奮して襲ってくる者を止めることはできないが,防犯スプレーならどんな相手でも,かなりの時間,動きを止めることができるようだ。

平成22年は,横浜及び秋田で,ぞれぞれ弁護士が殺傷されるという重篤事件が続発した年だった。今後,絶対に同様のことがないよう,個々の弁護士としても,弁護士会としても備えを怠ってはならないと思う。

デリバティブ取引 仕組債 110番(無料相談)

来る

2011年11月8日(火)
午前10時〜午後8時

から,全国一斉でデリバティブ取引,仕組債等の投資取引被害に関する電話無料相談を実施します。
私も,相談を担当します。

率直に言って,「デリバティブ取引」による投資取引は,一般の方にはマニアックかもしれません。しかし,被害事例が深刻であることから,全国一斉での電話相談をすることになったものです。

お悩みの方は,無料ですので,是非お電話下さい。


近時,銀行や証券会社が販売するデリバティブや仕組預金,仕組投信,仕組債等の投資取引によるトラブルが急増しております。
被害者層も一般投資家のみならず中小企業層まで拡大し,被害額も高額に及ぶ事例も珍しくありません。特に昨今の急速な円高で,通貨デリバティブを購入した中小企業が多額の損失を被り,経営難に陥っている事例が出ており,被害が深刻化しています。
こうした現状を踏まえ,デリバティブ取引,デリバティブ取引を組み込んだ仕組債等の金融商品被害について,電話による無料法律相談(秘密厳守)を実施します。お気軽にお電話ください。
なお,今回の110番は,全国一斉に行われるものですが,東京においては東京先物証券被害研究会に所属する弁護士が,対処の方法について適切にアドバイスいたします。お困りの方はぜひご利用ください。
日時:2011年11月8日(火)
午前10時〜午後8時
電話番号:0570−044−110
*当日のみの電話番号となります
相談対象:デリバティブ取引、デリバティブが組み込まれた仕組預金・仕組投信・仕組債等の投資取引に関する金融商品被害
相 談 料:無料(※面接相談以降は有料)
主催:全国証券問題研究会(http://www2.osk.3web.ne.jp/~syouken/
共催:東京先物証券被害研究会(http://www.tokyosakimonosyokenhigai.com/